本文へスキップ

おてがる体操で耳鳴りに負けないカラダ作り

専門情報サイト

大阪市淀川区十三東1-18-28

おてがる体操detail

ちょっとした合間のストレッチで耳鳴り対策


肩こり・腰痛・自律神経失調症、そして当サイトの主症状でもある耳鳴りに至るまで、こんな状態に負けない肉体・体力は欠かせませんよね。

このページでは、土台となるカラダ作りのための簡単なストレッチ体操などをご紹介していきます。

重労働で体を酷使している人、運動不足で身体能力が低下している人、精神的ストレスを溜め込んでいる人、皆さんが無理なくおこなえる体操で元気を取り戻してください。

そして、筋肉が柔軟性を取り戻し、みるみる蘇るカラダを実感することで、もう少しご自身の健康を見つめ直す習慣を付けましょう。


◆おてがる体操 その前に!

いきなり根を詰めておこなうのは良くないです。
体操の手順や働き、そしてその動きの意味などもしっかりと頭に入れておこないましょう。

@まず、自分の限界を超えてまで無理しておこなわないと決めましょう。

A筋の伸ばし方は、呼吸を整え、息を吐きながらゆっくり丁寧に伸ばしていきます。(1、2の3!などといったように、反動を付けておこなわないようにしましょう。ゆっくりジンワリです)

B痛すぎないところまで曲げたら、そのまま笑顔で数秒間じっとします。(呼吸はゆっくりと)

C数秒経ったら、ゆっくりと元に戻ります。(この時、反動を付けて戻さないように!)

以上。


それでは、以下にある「今日のおてがる体操」からはじめてみてください。(不定期ですが、毎回新しい体操をどんどん更新していきたいと思います)

★首周りの筋伸ばしストレッチ

@肩の力を抜いて、ゆっくりと首を曲がるところまで曲げていきましょう。

A曲げきったところで、30秒程静止。

B数え終わったらゆっくりと元の正面を向きます。

C上下左右、それぞれ3回ずつくらいおこなってみましょう。



〜注意〜
ここでご紹介しているストレッチ体操は、あくまでも情報提供という形で皆様にご紹介しています。身体能力に自信のない方や、何らかの治療を現在おこなわれている方などは、医師にご相談のもと各自自己責任でおこなってください。


> おてがる体操 > エクササイズとは > 目的を明確に > フィットネス