本文へスキップ

難聴の原因について新たな視点

専門情報サイト

大阪市淀川区十三東1-18-28

耳鳴り難聴の原因と治療detail

耳鳴りのあなたはホントに難聴患者?

耳鳴りと難聴の問題を考える

難聴は音を伝える構造器官の異常による「伝音性難聴」と、音を感じる器官の異常で「感音性難聴」という見分け方がされています。
しかしここでは、私がこれまで多くの方のご相談を受ける中で得られた、難聴のきっかけそのものの「気づき」をお伝えしたいと思います。

一体どういうことかと言いますと、皆さんたいていは難聴と聞くと「聞こえが遠くなる」というイメージがあると思います。年齢を重ねるごとに聴力が落ちるとか、大きい声を出さないと伝わらないといったイメージかありますよね。

しかし、これまでご相談を受けていく中で、難聴と感じるきっかけとなった初期段階のことを聞いているうちに、どうも耳の聞こえそのものが悪くなるというよりも、音を聞き分ける能力の低下から始まっているのではないだろうかという気づきがあったわけです。

よく受けるご相談で、耳が詰まった感じ(耳閉感)がするとか、音は聞こえているが、何を言っているのかわからない。つまり、周りの音としゃべる声がごちゃ混ぜになって理解しにくくなる。あるいは声は聞こえていても、言葉そのものが理解できないという過程を経験されていることが多いのです。

これはいったいどういうことでしょう。

何らかの原因で聴神経系の機能低下が起こり、聞こえが悪くなる。ということならば、聴神経に関わる器官に焦点をあてた治療や対策をとることが望ましいでしょう。

しかし、音は聞こえているが、聞き分けが出来にくくなる・解読できにくくなるといったことならば、新たに視点を変え、別の問題点にも視野を広げる必要があるということになります。

実際、耳鼻科治療においても聴神経系の器官における原因というものは、特定できることは少なく、結果、難聴症状も難病とされています。

また、難聴といえば「補聴器」による対策がありますが、先ほども言いましたように、いくら音が耳に大きく入ってきても、それを聞き分けることが出来ないために、「ただガチャガチャと大きい音が入ってくるだけ」という感覚なので、補聴器は使用しないという人も現実には多いようです。

よく聞く現象で、補聴器をつけることで難聴が悪化するということを耳にします。

この現象は、健常な聴力の人も経験があると思いますが、騒音環境の場所、例えばパチンコやディスコ(ちょっと古い言い方かな?)などの場所に長時間いて、外に出ると、耳が圧迫された感覚と共に、聞こえが遠くなる感覚に陥ります。騒がしい音の幻聴が残ることもあります。

これは、騒音環境に長くいることで、脳内ではその環境の音量が常時レベルとして学習されます。しかし、ひとたび静かなところに場所を移すと、脳内で学習した音量レベルの設定変換が鈍り、一時的に上記のような違和感を感じることになるという仮説です。

逆の場合でも、この事に気づくことが出来ますよね。
静かなところから、騒音の場所に行くと、とても耳障りに感じます。しかし、時間と共に耳は慣れてきて苦痛を感じなくなります。

大きい音を耳に入れると言うことは、音伝達を調整する内耳にある筋肉や有毛細胞などの緊張を引き起こすことになります。

この状態が続くと、これらの器官の緊張状態も慢性化するきっかけとなる可能性が十分にあるわけです。補聴器の使用にあたっては、使用して行くにあたっての今後のリスクなどをふまえた上で、専門家と十分にご相談しながら対策をとるようにしましょう。

音を認識する・解読する機能低下の改善。難聴克服のもう一つの新たな「鍵」として、じっくり探求するべき課題と思っています。


> 難聴と脳 > 全体の原因 > ストレス難聴