• 耳鳴りとは?
  • 耳鳴りがしたら?
  • 自律神経の乱れ

つらい耳鳴りを克服するには?

近年のストレス社会の影響か、耳鳴りで悩む方の人口は年々増えています。

しかも一般的には高齢者特有の症状と言われていますが、現実は多くの若い世代でもこの症状に悩まされ、苦痛な日々を過ごしています。

おそらくあなたもこのサイトにたどり着くまでに、様々な検査や治療を試されてきたことでしょう。

今度こそは!今度こそはとワラをもすがる気持ちで、様々な治療を受けてこられたのだと思います。

なのに、症状は一向に良くならない。変化がない。もうどんな治療も信じられなくて、やはり、諦めムードになってしまっているのかも知れません。

しかしそんな時は、耳以外の問題点にも視野を広げるようにしていくと、症状の引き金となる様々な体の状態が見えてくることがあります。

当サイトでは、多くの人が見落としがちな、治癒力を妨げている何らかの影響、すなわち体が発しているSOSを読み取って、症状の引き金となる問題点を浮き彫りにしていきたいと思います。


■耳鳴りの引き金となる体の状態

体からは様々なSOSが出されています。
あなたはその信号を冷静に読み取り、出来るだけ日常生活の中でその問題点を改善していくようにしましょう。

まずはその第一歩として、筋肉の拘縮を感じ取ってみてください。

筋肉の拘縮とは、筋肉が収縮して突っ張ったままの状態で、いわゆる緊張状態です。一般的にはコリと呼ばれているものですね。

あなたは首筋が辛かったり、肩がこったり、腰が痛かったり、とにかく筋肉疲労がたまりやすい体をしていないでしょうか?

コリというものに、それほど自覚症状がない人も、誰かに肩や背中などを触ってもらってみてください。「よく凝ってるわ」などと言われることでしょう。


また、体の歪みが気になる場合もあります。しかし、ここで言う「歪み」とは、背骨が曲がっている事ではなく、緊張状態の筋肉に絶えず引っ張られて、動きが悪くなった「関節」のことを言います。

頸椎関節の動きが悪いと、内耳動脈などの血流も悪くなります。すると、更に酸欠状態が続きますし、老廃物もたまり、耳鳴りや痛みといった不快症状がつづくことになります。


耳鳴り患者には、こういった2次的、3次的な症状を引き起こしているのが特徴です。

また、その多くは内耳系の異常そのものよりも、心と体のバランスが崩れることで自律神経が乱れ、耳の器官や音を認識する脳神経が影響を受け、慢性化していることが多いようです。

そうした体の状態をじっくり観察していくと、大きく分けて3つの体の状態に気づくことになります。


いったい、3つの体の状態とはどんな状態なのか?

この状態を知ることで、不安な気持ちが少しでも楽になればと思います。少しずつわかりやすくご説明していきますので、あなたの状態と照らし合わせて、じっくりと観察していくことにしましょう。


その1 >>> 頸椎の歪みと耳鳴りの関係とは?

その他コンテンツ